Skip to content

「感覚を研澄ます事。」

2011年12月22日

 

さて、今回のテーマは「感覚を研澄ます事」。

 

こちら(シリコンバレーひいてはアメリカ)で、コアとなっている価値の一つが「専門性」(専門性がきれいにチームを組んだときに結びついた時、またチームの環境づくりがうまく行く時、より高い質の何かが生まれるというメカニズムを前提として)であって、基本的に人選びやチームを組む際は、メンバーそれぞれの専門性を見る。

 

この専門性というのはどこからやってくるのか。もちろんそれを醸成するような環境が大事。しかしながら個人の態度・立ち向かい方から考えると、いかに周りの環境への自分の反応の仕方を「自己(メタ)認識」できているかが肝となってくると僕は思います。「自分はこう感じる」「理由はないけどこう思う」「なぜかこれに興味がある」「これにはやっぱりどうしても興味が持てない」といった一瞬の感覚をどれだけ拾い集めて、それを思考でプロセスして、次の修正的な行動に結びつけられるかということ。この行動を持続的に行っているうちに感覚的に「これが好きだ。これをどうしてもやりたい。」というのが見えてくる。
「感覚を研澄ます事。」

 

常日頃、新しいものを発見し、それをまた次の行動に反映させていく習慣を身につける大切さを、考えました。

 

 

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: